QLOOKアクセス解析





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お小遣い稼ぎのジレンマです

お小遣い稼ぎをやってるなかでサイト攻略だけで収入をGETしている分にはいいですけどプラスアフィリエイトと併用されている方は多いですよね。

アフィリエイトで稼ぐには検索エンジンに数多くヒットすることが一番です。

検索エンジンにヒットするにはSEO対策が大事です。

SEO対策の中で誰でも出来るのが発リンクを減らすことですよね。

リンクには出るリンクと入るリンクがあり、こちらからリンクを張ると発リンクになり相手からリンクをもらうと被リンクになり被リンクを多く受けると検索エンジンの評価が上がり、発リンクが多いと評価が下がると言われています。

被リンクの基本は同一カテゴリーのページランクの高い、発リンク100以下のサイトからトップページにリンクをもらうことで、なをかつ一方通行のリンクであることです。
相互リンクではありません。

話がそれましたがアフィリエイトで物販がなかなか難しい中アドセンスなどのクリック課金アフィリはそこそこ稼げるので幾つか貼り付けたいしアドガーもいいですよね。

あれこれ手を出しているうちに発リンクが多くなってしまいます。

アフィリの基本は検索エンジンからの集客で集客したらアフィリリンクを沢山クリックして欲しい、沢山クリックしてもらうには発リンクを多くしたい。
発リンクを多くしたら検索エンジンの評価が下がって集客が減ると言ういたちごっこに陥ってしまします。

素人に出来る対策としては被リンクをたくさん集める事とあまり効果のない広告など出来るだけ外す様にする事です。

なかなか発リンクも抑えにくいので良質な被リンクを沢山集めたいと思っています。

ランキングやコミュニティーからの100人の訪問より検索エンジンからの100人の方が断然稼げます。

わたしもジレンマに陥りながらも出来るだけ検索エンジンに好まれるページ作りを心掛けようと思ってます。

でも、素人だから難しい
[ 2010/03/03 22:46 ] ☆サンタのつぶやき | TB(0) | CM(3)

なかなか勉強になりました。
なるほどと思いました。
僕はブログを作ってしばらくは、トラフィックエクスチェンジでガンガン回しました。
グーグルの検索エンジンはあるキーで上位10位以内に食い込むことができました。ところがyahooは50から100位です。グーグルのほうが素直です。おのずとグーグルからの訪問者が多くなります。
テーマごとにグログをいくつも持ってますが、すべて、その傾向にあります。


[ 2010/03/07 07:31 ] [ 編集 ]

Re: サンタです

わたしも勉強させていただいてます。
ヤフーは被リンクの数を重要視するそうです。

わたしが狙っているのは無料の・・・・アフィリです。
会員登録はなかなか難しいですが資料の無料請求や車の査定です。
これは訪問者も敷居が低い様で誘導文次第で結構アクションがあるみたいです。

とりあえず3サイト位作りマイナーで検索されやすそうなキーワードで様子をみて
その後10サイト位でポツリポツリと拾っていくつもりです。

成果報酬が300円位から1000円位あるので1サイト月に1000円あればいいです。
その他にアドも挿入しておくので後はアクセス数次第ですね。
なかにはおお化けするサイトもあるそうです。
[ 2010/03/07 15:34 ] [ 編集 ]

おじゃましまーす

コメント失礼します。
大変、興味深く読ませていただきました(>_<)
お小遣い稼ぎもがんばってますか?^^
でも、もっと簡単にブログさえあればコンテンツが大量の
良質サイトが作れますよ!(^^)!
ダイエット系ですが、大量の記事も用意されてますので
ダイエットの知識はいりません!
コピペするだけ!
百聞は一見にしかず
「村本エリカ.comアフィリエイト」
ttp://123direct.info/tracking/af/151858/B5ZEZVsT/
お小遣いの欲しい方、チャンスです!
よかったらどーぞ(o`・ω・´σ)σ
すでに参加されてましたら、失礼しました。
[ 2010/04/19 19:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://petitsanta.blog71.fc2.com/tb.php/101-013f8aa0






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。